みんなが集まれば、大きな力!

逗子市こども発達支援センター「くろーばー」の子どもたちの作品が、社会福祉法人 県央福祉会 後援会 の2018年カレンダー(5月)に採用されました。

作品タイトルは「みんなが集まれば、大きな力!」。

(こちらは主に利用者のみ購入可能で、通信販売等での一般販売はされておりません。)

 

毎年たくさんの作品が集まるようで、選出されるのはなかなかの倍率なのだそうです。

手先を使った課題に苦手があるお子さんでも、療育の先生方の励ましやサポートを受けながらみんなで力をあわせて描きました。

逗子の小さな子どもたちの作品が、われわれ家族だけではなく、県央福祉会の施設利用者や利用者のご家族にまで、数多くの方々の目に触れることを嬉しく思います。とてもいい記念になりました。



ちなみに進行方向に逆らって泳いでいる一匹は、ウチの息子の作品です。マイノリティを貫いています。(´∀`; )

でこぼこそだて逗子

自閉症スペクトラム・ADHD・LD(学習障害)、診断の有無にかかわらず お子さんに発達の凸凹がみられる「おうちのかた」を対象とした ピアサポート(自助グループ)です。 学校や社会生活、お友達との関わり方、学びにくさなどで困っている子どもたちが 「ひとりひとり違う育ちのペース」「それぞれの子の本来の持ち味」を尊重され 安心して暮らせるよう、地域の情報を共有し、学びあい、支えあいましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000